Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー

f:id:tomatsusena:20200712122207j:image

 先日6月30日に発売が開始されたAnkerのPowerCore III Fusion 5000を購入しました。5%のキャッシュレス還元の最終日でということも財布の紐が緩んでいたこともありますが、愛用ユーザーの多い名モバイルバッテリーであるPowerCore Fusion 5000の後継・新型とあっては買うしか無い気がしたのです。
f:id:tomatsusena:20200712122202j:image

付属品は普通のAnker製品にありがちな感じかと思います。ただ旧型の時はMicroUSBケーブル付いてた様な気がするので、そういう意味で今回商品はケーブルは自分で用意する必要がありますが、正直この商品買う人はケーブル持ってるので無くてもまぁ良いかなという気もしますね。
f:id:tomatsusena:20200712122215j:image

 旧製品がUSB  Type-Aの差し口2つだったのに対して、今回の商品ではUSB Type-AとType-Cが1ポートずつになっています。またそれに伴って、Anker独自のPowerIQに加えて、Type-CポートはiPhoneMacBookといったApple製品やAndroidスマートフォン・ノートパソコンといったガジェット類のデファクト・スタンダードとなりつつあるPower Deliveryでの18W急速充電に対応しています。

 

ノートパソコンを充電するには18Wは弱めですが、スマートフォンの急速充電には十二分ですしノートパソコンやタブレットを外で別途充電器を持ち歩かなくても充電できるというのは結構ポイント高いかと思います。ただ両端子使いたいとなると、ケーブルが増えるので人によっては嫌かもしれませんね
f:id:tomatsusena:20200712122148j:image

 この充電器最大の魅力として、誰もが上げるのがコンセントプラグが付いていて、モバイルバッテリー単体で充電ができるという点です。自宅で夜帰ったらこの充電器でiPhoneの充電をしつつ、コンセントに挿しておくとスマートフォンとモバイルバッテリー両方を忘れずに充電できたり、旅行先やコンセントの使える出先での荷物が充電器分減るといったメリットは地味に大きいです。
f:id:tomatsusena:20200712122156j:image

旧製品PowerCore Fusion 5000(黒色)との比較。ちょっと大きくなっていますが、そこまで気にならない差だと思います。
f:id:tomatsusena:20200712122211j:image

差込口の違いはこんな感じ。旧製品では表面にあった充電ボタンと残量表記のランプがこの製品では統合されて差込口の脇にあります。
f:id:tomatsusena:20200712122152j:image

横に並べてみるとこんな感じ。ぱっと見でそこまでの違いは無いのかなと思うのではないでしょうか。実際Type-Cケーブルを持ち歩かない人からしたら使える端子が一つ減るので、用途によって好きな方を買えば良いかと思います。

一人で飲んで、ハルヒ消失を見て、夜パフェを食べる

f:id:tomatsusena:20200711153943j:image

 コロナの結果として映画館が最近アニメのリバイバル上映を結構やっているのだが、劇場版「涼宮ハルヒの消失」が上映リストに入っていて、つい予約してしまった。金曜日、仕事を終えて池袋へ。とはいえ、上映時間が21時で夕飯がてら魚金に入った。

お通しは帆立クリームコロッケ。
f:id:tomatsusena:20200711153932j:image

玉手箱でしたっけ?2人前の刺盛り。1人前の盛りもあるらしいが、値段が大して変わらないのでこっちでも良いかもと店員さんに言われたの頼んでしまった。一人で好きなだけ美味しい刺身食えて良かったけど、生ものそこまで強くない人にはちょっと多いかもw
f:id:tomatsusena:20200711153948j:image

お前、まだ食うんかいという視線を感じつつ鰻巻きを注文。刺し身の味に飽きてつつあったこともあり、美味しかった。しかし一人でこの量は流石に多いな(笑)
f:id:tomatsusena:20200711153928j:image

池袋駅前に戻ったところで創価学会の勧誘を受け、暇つぶしに5分くらい聞いてしまった。答えにくそうな質問を言うと話題をすり替えてくるのが印象的。
f:id:tomatsusena:20200711153923j:image

そして、本日のメインイベント。「涼宮ハルヒの消失」を観る。上映終了が0時だというのに、席は結構埋まっていた様な気がする。勿論数回観ている映画なのだが、やっぱり社会人数年を経て、高校生活というものへのノスタルジーみたいなものを強く感じた。吹奏楽部の練習音や高校生的な馬鹿な話とか。自分にとっては中高時代にハマった作品である「涼宮ハルヒ」というコンテンツは、それだけで青春を象徴する様なものだからなおさらである。

 

 長門ハルヒといった昔好きだったヒロインたちは勿論だが、消失におけるみくるちゃんって結構良いなぁとか歳を重ねたなりのキャラクターの見方、単純にストーリーとしての涼宮ハルヒのシリーズの面白さを再確認して観に来てよかったと思えた。次巻が出ること日がくるのかは分からないが、その日が来たら良いなとは思わずにはいられない。
f:id:tomatsusena:20200711153920j:image

しかし池袋のここ、あっという間に建て変わって小綺麗になったなとー
f:id:tomatsusena:20200711153940j:image

池袋は、ここもだが、旧造幣局や環状道路と再開発ネタが多くて変わりゆく街が面白い。
f:id:tomatsusena:20200711153916j:image

 なんか急に甘いものが欲しくなったので、夜パフェ専門店モモブクロに行ってみた。「感謝のガーベラパフェ 〜赤ルバーブとブルーベリーと黒糖〜」というやつを食べてみた。うん~パフェとしては50点かな。見た目に凝りすぎて美味しさがついてきていない感じ。まぁこんな風俗街の片隅で深夜0時半にパフェが食えるというだけで感謝すべきなのかもしれないが。まぁでも楽しい華金だったので良い一日だった。

 

 

 

木曜日、上野で飲んで、大宮で二次会

f:id:tomatsusena:20200705162727j:image

  在宅勤務を終えて夕飯どうしようかなとTwitterで呟いたところ、フォロワーさんに誘ってもらったので上野へ。久しぶりの魚草。

f:id:tomatsusena:20200705162742j:plain

生牡蠣、これが食べたかった。
f:id:tomatsusena:20200705162738j:image

モウカの星こと、サメの心臓。
f:id:tomatsusena:20200705162723j:image

そして大宮へ移動
f:id:tomatsusena:20200705162730j:image

焼き鳥を食べて
f:id:tomatsusena:20200705162747j:image

豪華な梅水晶
f:id:tomatsusena:20200705162734j:image

梅梅ですが、梅風味の唐揚げ
f:id:tomatsusena:20200705162717j:image

そして焼き鳥。平日に埼玉まで行って終電帰りとか我ながら無茶なことやるな思ったが、久々に楽しく飲めて本当に良かった。

RICOH GRⅢを購入しました。

f:id:tomatsusena:20200701225054j:plain

  キャッシュレス還元の5%もそろそろ終わるし、ここのところ仕事が忙しい&コロナで外出の機会が減ってお金が溜まっていたこともあり、以前から興味のあったRICOH GRⅢを購入しました。

 

f:id:tomatsusena:20200701225317j:plain

 GRシリーズは、カメラに興味のある人なら誰もが一度は興味を持つであろうコンパクトデジカメで、一眼レフ等に搭載されているAPS-Cという大型のイメージセンサーと28mmの単焦点レンズを搭載しています。

f:id:tomatsusena:20200701225120j:plain

 付属品はこんな感じ。まぁ取り立てて話すようなことは無いのですが、充電器がType-Cケーブルとなっているのは時代の変化を感じます。

 このGRシリーズはセンサーサイズの大きさもあってバッテリーが持たないことに定評があります。しかし本体もUSB充電が可能な為、スマートフォン用に持ち歩いているモバイルバッテリーとType-Cケーブルがあればとりあえず急場は凌げそうです。非純正のバッテリーを必要なら買い足そうと思いますが、ひとまずはこのまま使ってみようかと。

f:id:tomatsusena:20200701225619j:plain

 このGRⅢ、最初に迷ったので画像下部のUSB端子のカバー。目に見えている爪を引っ張っても開きません!爪から切れ目にそって開け口の根本に当たる部分を爪で前に追い出してやると開きます。さっさと気がついたので事なきを得ましたが、不器用な私の場合、下手すると壊すまで開けようとしている可能性があるので地味にヒヤッとしましたw

f:id:tomatsusena:20200701230438j:plain

丸の内でふと空を見上げて撮ったもの。天気はあいにくですが、コンデジとは思えない描写で、緑の色合いも非常によく感じます。

f:id:tomatsusena:20200701230440j:plain

六本木で食べたスコーン。ペンタックスもといRICOHというと青緑のイメージが強いですが、GRⅢでは赤や黄色も綺麗に出ています。

f:id:tomatsusena:20200701230441j:plain

これはマクロモードに切り替えて撮ったもの。開放で撮るとこれだけ前後がボケてくれます。ボケ味も綺麗でスマホで普段何気なく撮っている景色も、GRⅢでちょっと撮ってみようかな?と思わせてくれます。

 

 一眼レフと高級コンデジの代名詞であるRX100シリーズをスマホがあれば十分だからと売却した人間が、GRⅢを買う日が来るとは思っていませんでした。しかし考えてみれば、スマートフォンの圧倒的強みコンパクトでシャッターチャンスを逃さないという点。それをそのままに写りの良さを徹底的に追求したGRⅢはある意味、今の時代にマッチしたコンデジのスタイルとして良い選択肢なのかもしれません。

 

 

 

 

サメの心臓(モウカの星)を食べてみた

f:id:tomatsusena:20200611111131j:image

めっちゃ臓器なので苦手な人はスクロールしない方が良いと思うが、さめの心臓が売られていたので買って食べてみた。

とりあえず商品名「さめ」の段階で既に結構インパクトあるが…

 

 

 

 

 

紙袋から取り出すと思いっきり臓器だった!

f:id:tomatsusena:20200611111136j:image

ハート型をしていて、確かにこれは心臓ですね…となる。サイズが大きいこともあって焼き鳥で鳥の心臓くらいしか見たこと無い一般人としては中々インパクトのある絵面である。

結構血が出るので水で洗い切って食べてみる。
f:id:tomatsusena:20200611111126j:image

近い食べ物でいえばレバ刺しっぽいというのが適切なんだろう。臓器そのものの部分は割と柔らかく

まさにレバー的な感じ。管の部分はコリコリまではいかないが結構食感が良くてお酒に合いそうな美味しさだった。

 

 

 

 

 

ブルーインパルスを眺めて

f:id:tomatsusena:20200603000357j:image

都内をブルーインパルスが飛ぶというので、在宅勤務中の昼休みにカメラを構えて待機していた。

f:id:tomatsusena:20200603000239j:image

数年前に都内を飛んだ際はちょろっと見えただけだったので、今回はしっかり見えてよかったなと。
f:id:tomatsusena:20200603000232j:image

memumiのP30 Proクリアハードケースを買った。

f:id:tomatsusena:20200518005618j:image
 P30 Pro用の薄型ハードでクリアな奴を探していて、Galaxy S10用に以前買ったmemumiのケースがあったので買ってみた。
f:id:tomatsusena:20200518005622j:image

ハードケースとはいえ、よくあるポリカーボネートでは無く、ポリプロピレンなのでとても薄い!それだけにフィット感は最高。ただ落下時の衝撃に対する防御は期待できなそう。
f:id:tomatsusena:20200518005625j:image

完全なクリアでは無いのでP30 Proの色は薄く透ける程度。まぁこれはこれで悪く無いし、格好いい気もする。
f:id:tomatsusena:20200518005629j:image

側面から見た感じ。カメラやボタンも綺麗にカットされており、がたつきも全くない。気に入ったので、このケースを使うことにしようと思う。