異なるiCloud ID(Apple ID)のiCloudメモを移行する方法

中々レアなケースだと思いますが、旧iCloud ID→新iCloud IDとの間でメモアプリのデータを移行したので備忘録的に残しておく。

 

Apple IDとiCloud IDって元々別扱いだったかと思いますが、基本的に同一のIDとして認識している方が多そうだし、Apple的にも同じに扱っている節があるので併記しておきました。以下IDと表記しています。

 

※この手法が可能なのは、Macユーザーのみとなります。Windowsユーザーの方や説明がどういう事をやっているか分からない方は、メモを旧IDから新IDにメモを共有して利用する方が良いと思います。

 

手順

Macで旧IDでログインした以下2つのメモ帳のフォルダを退避させる。

 ・{Username}/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes

 ・{Username}/Library/Group Containers/group.com.apple.notes/ 

 

※設定ファイルを入れ替えるので、混乱防止の為に旧ID用のMacのユーザーアカウントを作ってやると良いかと思います。

②次にどちらのIDとも紐付いていない(メモ同期を外すだけでOK)状態のメモのフォルダに①で退避させたフォルダと差し替えます。

※差し替え時にバックアップ忘れずに!

③起動後、旧IDのドキュメントがメモアプリ上で表示されますので、ローカル”このMac内のすべて”(これ重要)にコピーします。その後、メモアプリを終了

※私はここで一旦、ユーザーアカウントごと一旦ログアウトしました。

④新IDでの同期を行うとiCloudのメモ帳は新IDに差し替わり、ローカルのデータはローカル”このMac内のすべて”に格納される形になっている筈です。ローカルのファイルを右クリックでiCloudのフォルダにコピーすれば完了です。

 

 

以下、参考にさせて頂いた記事

hikoharu06.hatenablog.com

pochilog.jp